韓国 北朝鮮 2ch 東アジアニュースまとめのblog

2chまとめ残してなかでも東アジアを中心にしたまとめをどんどん紹介していくブログです。

【話題】山口二郎教授「安倍から日本を守るため、野党は火事場の馬鹿力であらゆる手段を。この総選挙では政策論争は不要」 [無断転載禁止]©2ch.net

IMG_0823
1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 12:07:12.29 ID:CAP_USER
山口二郎教授
https://pbs.twimg.com/media/CxmeRDlUkAEbQE7.jpg:small

山口二郎@260yamaguchi
解散の流れが確定という雰囲気。野党は政権構想をまとめる時間的余裕がない。今回は、立憲主義擁護と安倍改憲反対、原発再稼働反対で、ともかく小選挙区のすみわけをするしかない。安倍の狙い通り、政権維持と3分の2維持が実現すれば、取り返しのつかない禍根を残すことになる。

山口二郎@260yamaguchi
一昨日、小沢一郎氏と会談したときには、解散の話はまだなかった。選挙前に3野党による新党結成、少なくとも比例統一名簿で戦おうという話だった。後は前原代表の決断一つという状態は、今も同じ。民進党+連合の独自路線で負け幅を小さくしようなどという発想を持つべきではない。

山口二郎@260yamaguchi
野党協力は、火事場の馬鹿力でやるしかない。安倍晋三から日本を守るために、あらゆる手段を取るべき。

山口二郎@260yamaguchi
永田町で最も事情に通じていると私が評価するジャーナリストと、今回の解散について話をした。解散は、私利私欲解散、北朝鮮情勢を利用し、モリカケを隠蔽するということが最大の目的。安倍首相はそれでよいが、自民党側の最大の問題は、自民党議員自身も準備が全くできていないということ。

山口二郎@260yamaguchi
だから簡単に自民党が勝てるというわけではない。都議選で示された安倍政治への疑問、批判の底流が根本から変わっているわけでもない。もっぱら野党の側の体制ができていないという政権側の認識に基づく奇襲攻撃ということ。

山口二郎@260yamaguchi
野党側は、マスコミが言っているほど路線について混迷しているわけではない。前原は代表戦直前から、自由、社民との連携、合同を構想し、小沢とも密に連絡を取ってきた。選挙に勝つためには共産党も含めた野党協力しかないという割り切りも堅い。

山口二郎@260yamaguchi
ただ、野党協力に向けた手順があるということで、野党協力に批判的な右派、笠や後藤を追い出し、そのうえで路線を固めるという作業をするか途中で、にわかに解散ムードとなった。しかし、野党協力についてのリアリズムは、前原も枝野も共有している。

山口二郎@260yamaguchi
私利私欲解散に対しては、火事場の馬鹿力野党共闘で戦うしかない。共産党との協力を野合と言われたら、そもそもこの状況で解散を撃つ私利私欲の塊である安倍首相にそんな批判をされるいわれはないと切り返せばよいだけ。この総選挙ではもっともらしい政策論争は不要。

山口二郎@260yamaguchi
野党の側には、改憲反対、原発再稼働反対という旗がある。これでまとまれば面白い勝負に持ち込めるかもしれない。
これから野党も市民も、最大限、楽観的シナリオを描いて、戦うしかないと確信した次第。

https://twitter.com/260yamaguchi


 

続きを読む

【水原希子】差別に屈せず「私が私らしくこれからも」[9/16] ★2 [無断転載禁止]©2ch.net

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 16:10:08.52 ID:CAP_USER
ネット上で差別的な誹謗中傷を受けているモデルで女優の水原希子(26)が、「この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」との願いをつづった。
IMG_0821

 水原はアメリカ人の父と韓国人の母を両親にもつアメリカ生まれのハーフ。これまでもネット上では人種差別的な表現を含む書き込みが物議をことがたびたびあったが、水原がCM出演しているサントリービール「ザ・プレミアム・モルツ」の公式アカウントが7日に投稿したキャンペーン告知ツイートに対し、水原を起用していることへの批判などが多数書き込まれる事態となっていた。

 水原は15日、ツイッターを更新。「今この世の中では色んな争いが起きてますが、どこの国で生まれても、どこの国で育っても、どこの国に住んでいても、みんな地球人である事には変わりありません。でも、この世の中で私の事を理解してくれている人がこんなにもたくさんいるという事に気づく事ができました。一日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います。全ての争いがなくなる事を心から祈っています。LOVE & PEACE」とつづった。

[2017年9月16日10時14分]日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201709160000271_m.html?mode=all

https://i.imgur.com/t0gPzBR.jpg
(水原希子)
※前スレ
【水原希子】差別に屈せず「私が私らしくこれからも」[9/16]
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1505529001/


 

【田原総一朗】僕が安倍首相に提案した「政治生命を賭けた冒険」の中身 安倍首相はこの話に乗った[9/16] [無断転載禁止]©2ch.net

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 20:11:37.31 ID:CAP_USER
僕は7月に首相官邸を訪問し、安倍首相と1時間20分に渡って会談した。その場で、「政治生命を賭けた冒険をしないか」と、ある戦略を提案した。口外しないと約束し、僕はこれまで沈黙を守ってきたが、今回はその全てをお伝えしようと思う。
IMG_0820

核実験を強行した北朝鮮に対し、国連の安全保障理事会は9月11日、新たな制裁決議を全会一致で採択した。当初は、米中露の思惑が異なることから可決は難しいのではないかと懸念されていたが、結局、米国が妥協に次ぐ妥協を重ねたことで成立に至った。

米国は、恥をかくのを恐れたのだろう。もし、ここで中国とロシアが反対して制裁決議案が成立しなかったら、米国の敗北だ。トランプ大統領のメンツが丸潰れになる。

最大の焦点は、北朝鮮への原油・石油製品の全面禁輸が盛り込まれるかどうかだった。原油の多くを供給しているのは中国だ。米国は当初、それを全て禁止するという厳しい決議案を出していた。

最終的に可決されたのは、その原案よりも緩い内容だった。原油と石油製品の輸出は、過去1年間の実績を上限に設定された。つまり、現状維持である。

北朝鮮労働者の国外での雇用についても、新規に限り禁止になった。既存の労働者は容認されるということであり、こちらも現状維持だ。結局、総じて現状維持の内容だったから、中国とロシアも賛成した。

問題は、米国と中国、ロシアの北朝鮮に対する思惑が根本的に違うことにある。この思惑の違いを一致させるには、どうすればいいのか。

米国が北朝鮮に求めているのは、核兵器開発の全面放棄だ。一方、中国とロシアは、せいぜい現状凍結だろう。第一、北朝鮮の核兵器の技術は、ロシアから相当流れていると言われている。

2002年に小泉純一郎首相が訪朝し、それをきっかけに2003年から米国、中国、ロシア、韓国、日本、そして北朝鮮の6カ国協議が開かれるようになった。これは、北朝鮮が核開発しないことを前提としていた。

ところが北朝鮮は、その裏で核開発を継続していた。

ロシアは当時、北朝鮮の核開発に協力していたとみられる。中国はその事実を知りながら、黙認していたのだろう。その結果、2006年に北朝鮮は核実験を実施する。「核開発をしない」という前提の6カ国協議を継続しながら、秘密裏に核開発を進めていたことが裏付けられた。

2009年には、2度目の核実験を行った。要するに、北朝鮮は5カ国を騙した形になるが、ロシアはむしろ核開発の協力をし、中国はそれを認めていたのだから、結局のところ騙されたのは米国と韓国、日本だったわけだ。特に米国は大変腹を立て、北朝鮮に対する強い不信感を抱いた。

「政治生命を賭けた冒険」の中身

僕が安倍首相に提案したのは、外交についてである。

北朝鮮と米国の緊張が、非常に高まっている。最悪の事態を回避するために、日本政府がやるべきことは何か、という話だ。当時、僕が話した内容が一体何なのか話題になった。実は「政治生命を賭けた冒険」とは次のようなことだ。

まず、安倍首相は米国に行ってトランプ大統領と会い、一体どういう条件ならば北朝鮮と話し合いをするつもりなのか、とことん聞き出す。これは最終結論じゃなくていい。北朝鮮と話し合いをする条件が何なのかを聞き出すのだ。

ここを把握した上で中国に行き、習近平国家主席に会って「米国はこの条件なら北朝鮮と話し合いをすると言っているが、どうだろうか」と話を持ちかける。おそらく、中国は了承するだろう。

次に、ロシアのプーチン大統領に会い、このことを話す。プーチン大統領も、米国が了承するなら承諾するだろう。

韓国の文在寅大統領にも会って話をする。こうして各国の意向が一致した時点で安倍首相は北朝鮮を訪れ、金正恩と会い、「米国をはじめとする5カ国はこの条件であれば話し合いのテーブルに着くと言っているが、どうだろうか」と話を持ちかける。

安倍首相はこの提案を実現に移そうとした

金正恩の頭の中には、米国との対話しかない。だから、米国が「この条件であれば対話する」と言うのであれば、おそらく北朝鮮は承諾するだろうと思う。僕はあの日、安倍首相にこのような話をした。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/091400037/
(続く)

 

続きを読む
スポンサードリンク
最新トラックバック
スポンサードリンク
Google検索
カテゴリー
Livedoors相互RSS