2chまとめの殿堂BLOG

まとめをどんどん紹介していくブログです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/15(火) 08:15:10.70 ID:CAP_USER
     戦後72年にあたる今夏もまた、8月15日に終戦記念日がやってくる。元SEALDs諏訪原健さんはこの日を前に、夏休みの宿題で「戦争」をテーマに作文を書いたことを思い出したという。
    ダウンロード (3)

    *  *  *
     小学校高学年くらいの頃、夏休みの宿題で「戦争」を題材に作文を書くことにした。予科練だった祖父に戦争体験を聞いて、「戦争」について感じたことをまとめていったのだが、締めの言葉が思いつかない。考えることに疲れた私は、とってつけたように、次のような文を書いて作文を完成させた。

     「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和があることを忘れずに生きていきたい」

     どこかで聞いたことのあるような、ありふれた言葉だった。それでも随分と高尚な作文が書けた気がして、自分としては満足だった。何より夏休みの宿題を終わらせることのほうが重要だった。

     そんなこだわりもなく書いた文章が、長きにわたって、私の思考様式として頭に染み付いていた。「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和がある」というのは、私にとってはごく当たり前のことだった。しかしその考え方は、「戦争」について知ろうとすればするほど、もろくも崩れていくことになる。

     きっかけのひとつは、2016年11月に沖縄・読谷のガマを訪れたことだ。83人もの人が「集団自決」に追い込まれたガマに目を凝らしながら、ここにいた人々に思いを馳せる。それぞれの人にかけがえのない人生があったはずだ。もっと生きたいと強く願いながらの死だったかもしれない。

     考えれば考えるほど、「みなさんの尊い犠牲のおかげで、今の平和があります」なんて言葉で片付けることなど到底できないと思った。

     翌月、中国・南京の大虐殺記念館に足を運んだ。「万人坑」と呼ばれる場所には、殺害された人々の遺骨が無造作に折り重なっている。中にはまだ子どもと思われるものもある。遺骨を見ながら、私は「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和がある」という言葉を思い返していた。彼らも「戦争」によって命を奪われたことに変わりはない。

     しかし自らが「尊い犠牲」という言葉を用いる時、この人たちのことが抜け落ちてしまっていたのではないか。そう考えると、遺骨に目を向けているのがつらくて仕方なかった。

     帰国してからしばらく経って、伊藤智永さんの『忘却された支配』という本を手にとった。この本の中で、伊藤さんは、「戦争犠牲者は戦後の平和と繁栄の礎だった」とする言説を「礎論」と名付けて批判する埼玉大学の一ノ瀬俊也教授の知見を用いながら、次のような言葉を綴っている。

    「戦争の死者たちは、自分がこの業苦を受忍すれば、死後の日本は平和に栄えるはずと信じて死んだのか」

    「戦後は、尊い犠牲のお陰で築かれたのではなく、無数の不条理な死にもかかわらず、別の国の新たな戦争景気で潤い、図らずとも幸せを享受してしまった。『礎論』は、生き残った者たちがやましさを取り繕い、因果をすり替えて唱和しているのではないか」

     私はこの文章を読んで、頭をガツンと殴られたような気がした。私自身は「やましさ」があって、「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和がある」と考えていたわけではない。しかし戦争で命を失った人々を「尊い犠牲」としてまつり上げていたことに変わりはない。

     しかもそこでは、無意識のうちに「日本人」ばかりに目が向いていた。そのことを改めて突きつけられた気がして、これまでの自分を恥じずにはいられなかった。

     伊藤さんの言葉を引き受けながら、自分なりに考えたことがある。それは、「たくさんの人々の尊い犠牲の上に、今の平和がある」という思考は、過去の「戦争」という出来事を見えにくくするだけでなく、現在を生きる私たちと「戦争」とのつながりを見えにくくしてしまうのではないかということだ。

     戦争による「傷」に苦しめられている人は、今日に至っても多くいる。「戦争」が敗戦とともに終わりを迎えたわけではない。目には見えない形で「戦争」は続いている。

     原爆や在日米軍基地、在日コリアンへの差別などの問題を思い浮かべれば、そのことは容易に理解できるはずだ。

    https://dot.asahi.com/dot/2017081400008.html

    >>2以降に続く)



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府)@無断転載は禁止 ©2ch.net [JP] 2017/08/03(木) 19:28:30.93 ID:GdCofTkH0 BE:329591784-PLT(12100) ポイント特典
    東京都の小池百合子知事は3日、安倍改造内閣の顔触れについて「スキャンダルを
    リデュース(抑制)、閣僚経験者に頑張ってもらうリユース(再利用)、ちょっとリフレッシュ
    するということで、『3R』かなといったところだ」と述べた。都内での講演で語った。
    ダウンロード (2)

    3Rは通常、「リデュース(廃棄物を減らす)、リユース(再利用する)、リサイクル(再生利用)」
    を意味する環境配慮のPR用語。閣僚の失言などが相次いだ安倍政権に引っかけ、環境相
    経験者らしく「小池流」の表現で評価した形だ。

    一方、女性議員の入閣が2人にとどまったことには「これだけ1億総活躍とか、女性の活躍と
    言いながら、そのスピードが世界に追い付いていない」と苦言。新たな五輪担当相に就任した
    鈴木俊一元環境相に関しては「私の前の環境相であり、岩手出身。復興五輪を進めるのに
    ふさわしい、素晴らしい人材」と語った。 

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080301021&g=pol



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 18:32:29.49 ID:CAP_USER
    「TWICEを知らない人は一人もいません。ママムー、ブラックピンク、レッドベルベットの人気も徐々に上がってきましたし。東京渋谷のタワーレコードが再び韓流の聖地となっています」

    http://dimg.donga.com/i/620/0/90/egc/CDB/JAPANESE/Article/15/01/72/43/1501724330799.jpg

    2日に会った日本の会社に務めるイ・ジンソク氏(35)は、「日本のテレビに出なくても、韓国のガールズグループを積極的に発掘して、ファンになる人々が増えている」と話した。
    ダウンロード (1)

    昨年、「オタク進化論」と題した本を出し、東京に3年以上居住している彼は最近、日本国内の韓流の雰囲気が尋常でないと話した。

    韓流ブームに再び拍車をかけたのは、6月末に日本に正式デビューしたガールズグループ「TWICE」だ。7月1日から31日まで、東京の代表ショッピングモール「渋谷109」は、TWICEをサマーセールの代表モデルに打ち出した。

    ここには2020年東京オリンピックの広報を担当した日本最大広告会社「電通」が参加した。「渋谷109」は、日本で屋外広告費が最も高い地点である。

    アルバム発表とともにオリコンチャートで首位となったTWICEは、8月第1週まで5週間以上もオリコン週間チャート10位内を守っている。

    TWICEが渋谷を占める中、先月中旬、ガールズグループ「ブラックピンク」(YGエンターテイメント)は、東京・原宿と渋谷の間を行き来するバスのラッピング広告を開始した。ブラックピンクのメンバー四人の顔が東京の繁華街を走る。

    先月20日に行った初のショーケースは、参加応募者が20万人に上った。1万4000席規模の公演会場「武道館」は、地元のブラックピンクのファンでいっぱいになった。この場には、梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)プロデューサーも出席した。

    ブラックピンクは今月30日、韓国での発表曲を集めて、両国言語バージョンで歌った日本デビューアルバムをリリースする。

    1990年代のBoA、2000年代の東方神起、2010年代初頭の少女時代、KARAが日本を熱く盛り上げて以来、5年ぶりに日本列島の雰囲気が再び盛り上がっている。今回のブームは歌謡事務所よりは、現地のファンたちが先に導いた。

    2012年、李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島(トクド)訪問に抗議する意味で、日本の地上波テレビは韓国芸能人の出演をボイコットした。韓流は少数のマニアジャンルへと萎縮したかのように見えた。

    その救助者は、ユーチューブやソーシャルメディアだった。日本人のメンバーが3人も含まれたグループ(TWICE)が、韓国で最高の人気を享受しているという興味深いニュースが口コミで、プロモーションビデオと共に日本国内の中高生の間に広がり始めた。

    日本のガールズグループの停滞も要因の一つである。地元市場で長期間政権の座についていたAKB48(2005年デビュー)が、10年の歴史を経て、徐々に大衆から少数のオタク中心にファン層が集中したことも一役買った。

    イ・ジンソク氏は、「AKB48は1人当たりに数十枚、数百枚のCDを買うオタクたちの専有物に変わった」と言い、「一方、韓国の各グループは、現地のレコード会社や広報社と手を組んで、強力な大衆マーケティングを繰り広げた戦略が功を奏した」と語った。

    先月末、TWICEはフジテレビが選んだ「日本の女子中学生の間で流行っているトレンドトップ10」で首位となった。

    TWICEを掘り下げ、TWICEに似ている他の韓国のガールズグループを探し続けて拡大していく地元の若いファンらの情熱が炎を持続させている状況である。

    JYPエンターテイメントの取締役は、「2014~2016年にデビューした韓国の複数のガールズグループが1、2年間、韓国での人気基盤をしっかり固めながら自然に海外ファン層を開拓した過程が、今年、日本でガールズグループのブームを導いたようだ」と分析した。

    イム・ヒユン記者

    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1015499/1

    このページのトップヘ